Rord to Joy

自転車について、詳しく知ろう!

自転車とキズについて

自転車とキズについて 自転車は、ちょっとしたキズではあまり壊れることはないが、何年ものキズなどの積み重ねによって壊れることがよくあります。
自転車はあくまでも、消耗品です。
乗り方や扱い方が悪ければすぐに壊れてしまいます。
よく壊れやすいのが、気がつかない間にスポークが折れてしまいタイヤがゆがんでしまうことが多いです。
また、何回も雨ざらしにしてしまうと、チェーンがさびてしまったり、フレームの中に水が入ってしまい、フレームがさび付いてしまい、最悪の場合、折れてしまうことがあります。
また、チェーンがさび付くことで、自転車を動かしにくくなったり、使えなくなってしまいます。
ブレーキもキズが付いてしまうと、最初は大丈夫であってもブレーキのワイヤーが切れてきてしまい事故につながってしまう可能性があります。
自転車はすべてのパーツなどが完全に機能することで安全に使用することができるので定期的に点検やメンテナンスを行うことを心がけたほうがよいです。

メーカーの技術で品質が大きく変わる自転車

自転車の走行性能や耐久性は、生産するメーカーの技術によって大きく違います。
一体化した部品となるコンポーネントについては、上位機種であるほどに剛性が高くなり、同時に軽さも備えた構造になります。
軽さと剛性を両立させることは意外と難しいですが、片方が欠けてもうまくいきません。
メーカーはプロ選手向けの製品を作りながら、同時に一般向けとして入門モデルも開発します。
そのために、世界の自転車レースでお馴染みのメーカーが生産した製品であれば、安価な入門モデルであっても、十分な性能を備えている可能性が高くなります。
メーカーには独自な設計思想があり、自転車の多様性を作る役割もしています。
デザインが質実剛健なものがあれば、鮮やかな塗装色が特徴の製品を作る会社もあります。
どの自転車を選ぶ場合でも、最初の段階では初期投資を惜しまずに、しっかりとした製品を選ぶことが大切です。
部品の精度が高ければ、チェーンやクランクの劣化にも強くなり、快適な走行性能を長く維持できます。

Favorite

東上野の歯科を調べる

最終更新日:2018/8/9