Rord to Joy

自転車について、詳しく知ろう!

自転車にもかけたい保険

自転車にもかけたい保険 道路交通法の改正により、最近では手軽な乗り物として幅広い世代から利用されてきた自転車についても、交通ルールにからむ取り締まりが強化されています。
自転車を運転中に他人に接触するなどして、ケガをさせてしまった場合も同様で、刑事的な責任が発生する場合があるほか、民事でも多額の損害賠償を請求されるおそれが出てきています。
こうした場合に備えて、月々数百円程度の掛け金からのラインナップがある、民間の自転車保険に加入しておくのも有効です。
万が一にも事故で相手を死亡させてしまった場合には、死亡に至るまでの期間の慰謝料、治療費、逸失利益などのもろもろをあわせて数千万円から億単位の請求があることも考えなければなりません。
こうしたときであっても、あらかじめ保険に加入していれば、保険金額の範囲内で、必要な損害賠償を保険金をもって行うことができます。
死亡事故のような重大事故ではなくても、走行時の事故が原因で他人の持ち物を壊してしまい、弁償しなければならないという場合についても、同様にこうした保険を利用することができます。
最近では損害保険会社の代理店に直接行かなくても、コンビニエンスストアのマルチコピー機で加入手続きをして、そのままレジで保険料を支払うというスタイルになっていますので、以前とくらべるとかなり便利になりました。

自転車の高額買取を実現させるためのコツ

自転車を所有している人は多くとも、購入時には細かい部分まで意識して自転車を選んでも売却時にはあまり深く考えないという人は多くはありません。
リサイクルショップや専門ショップなどを利用すると、状態や市場価値に合わせた価格で買取ってもらうことが出来ますが、購入価格自体がそれほど高くないシティサイクルなどの場合は、買取依頼などせずに廃棄してしまうという方も多いでしょう。
本体価格が高額になるスポーツタイプのものや有名ブランドのものであれば、売却時の価格にもある程度の期待が持てます。
しかし、シティサイクルなどであってもしっかりとメンテナンスしてさえあれば、それなりの価格で買取ってもらうことは可能です。
少しでも価格を良くしたいという場合、日頃の利用状況などを意識するという事も必要ですが、最終的に査定を受ける段階で「如何にしてきれいに見せるか」という点が価格決定に大きな影響を与えます。
例えば、ボディに傷や塗装剥げがあれば評価は下がってしまうため、メンテナンスとして傷や塗装の補修を行うという事は有効です。
また、チェーンやブレーキシューなどの消耗品に関しても掃除や補修が出来ていれば評価は高くなります。
大切なことは「すぐに使える状態」にどのくらい近付けることが出来るかという事です。


注目サイト


バーベキューを手ぶらでお楽しみいただけます。


バーベキュー 手ぶら



ダイビングスクールで免許を取得する。


ダイビング 免許


裏側矯正について学会にご相談ください


裏側矯正について学会で掲載しています



バームクーヘンを取り揃えています


バームクーヘンを掲載しています


古民家を工事で再生する会社です


古民家再生できる施行ノウハウがあります



2020/4/2 更新